大阪トヨタ ハイブリットは、大阪トヨタ。

Toyota Safety Sense

TSSについて

プリクラッシュセーフティシステム
(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

  • 歩行者検知機能付衝突回避支援型
  • 衝突回避支援型

衝突の回避や衝突時の被害軽減をサポート。

広い速度域で警報とブレーキアシスト、および自動ブレーキで衝突を回避、または被害軽減をサポートします。
※警報は自車速度約15km/h~140km、自動ブレーキは自車速度約10km/h~80km/hで作動します。

レーンディパーチャーアラート

さらに、Toyota Safety SensePでは、
ステアリング制御でも車線逸脱の回避を支援。

車線逸脱による事故を未然に防ぐために。

道路上の白線(黄線)をセンサーで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせします。
※幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。

オートマチックハイビーム

夜間の歩行者などの早期発見に貢献。

ハイビームとロービームを 自動で切り替え、夜間の歩行者などの 早期発見をサポート。切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。
※自車速度約30km/h以上で作動します。

レーダークルーズコントロール
(ブレーキ制御付+全車速追従機能付)

長時間ドライブの運転負荷を軽減。

高速道路などで、ミリ波レーダーセンサー(※1)からの情報によって、先行車を認識。設定車速内で適切な車間距離を保ちながら追従制御します。
(※1)プリクラッシュセーフティシステムに搭載される装備。

  • はToyota Safety SensePのみに該当します。
  • はToyota Safety SenseCのみに該当します。

  • 1.これらの機能はあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。

  • 2.道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。

  • 3.数値は社内測定値。

トップページ > 取扱い車種一覧 > Toyota Safety Sense