沿革

  • 1968年 3月
    全国カーディーラーに先駆けて電算機を導入
    (IBM360-20)
  • 1970年 1月
    車両システム(受注~売上~回収)のEDP化を開始
    (FACOM230-45S)
    ※EDPとは「電子データ処理システム」の総称
  • 1973年 11月
    車両インラインシステム(本部業務)を開始
  • 1974年 8月
    経理手形管理システム開始
    経理入出金管理システム開始
    (FACOM230-48)
  • 1977年 1月
    車両オンラインシステム開発、運用開始
  • 1979年 9月
    大阪トヨペット(株)(現:大阪トヨタ自動車(株))全拠点の総合オンラインを完備
  • 1985年 1月
    トヨタ自動車と「TNS(トヨタネットワークシステム)」を開発、運用開始
  • 1986年 1月
    トヨタ部品大阪共販と「UOE(部品受発注管理ネットワークシステム)」開発
  • 1988年 9月
    オーティー情報システム(株)設立(大阪トヨペット(株)より分社)
  • 1993年 7月
    トヨタアムラックス大阪への中古車在庫情報の提供開始
    (FACOM M1600/8)
  • 1994年 5月
    富士通(株)のOA販売契約ディーラーとなる
  • 1997年 8月
    トヨタ自動車(株)C90システムを導入
  • 1997年12月
    大阪トヨペットグループ(現:大阪トヨタグループ)全社LAN/WANネットワーク網完成
    電子メールの本格活用スタート
    物流システムを開発導入。大阪トヨペット(株)・ハローラックで活用
    営業支援モバイルパソコン「PAL」の運用開始
  • 1999年 3月
    大阪トヨペットグループイントラネット(ハローネット・フォーラム)提供開始
  • 2001年 8月
    ai21外付けシステム開発に新プラットホームを導入 オープン化へ加速
  • 2003年 4月
    活動支援システム「Tee21」を導入。サービス誘致管理で活用開始
  • 2003年 5月
    電算機運用のアウトソーシング実施、FIP千里センターへ電算機移転
  • 2003年12月
    カーリースシステムをオープン系で開発
    トヨペット商事(現:大阪トヨタ商事)で運用開始
  • 2004年 1月
    トヨタデジタルクルーズDe-Net-B(2M)へ回線切替
    回線のブロードバンド化実現
  • 2004年10月
    ai21帳票の電子化運用を開始
  • 2005年 1月
    個人認証機能付・社内ポータルサイト「新P-COM」を構築
    企業情報の一元化推進
  • 2006年 4月
    ビジネスセンターを設立。グループ会社の業務を統合
  • 2006年 8月
    大阪トヨペット(株)から大阪トヨタ自動車(株)に社名変更
  • 2007年 2月
    トヨタデジタルクルーズSa-Net(10M)へ回線切替
  • 2007年10月
    大阪トヨタ自動車(株)から業務監査部門を引き受ける
  • 2008年 1月
    「次期ai21(トヨタ自動車販売店システム)」の導入、運用を開始
  • 2008年 2月
    「時間管理システム(勤怠管理)」の導入、運用を開始
    社内ポータルサイト「新P-COM」に情報検索機能を導入
  • 2008年12月
    ビジネスセンター・印刷業務を開始