H26年入社 営業スタッフ:松元 剛

営業スタッフ自ら考え、自ら動いて、
目指すは一番

H26年入社 営業スタッフ
松元 剛

PROFILE
  • 人と話すことが大好きで、前向きで明るい性格です。その一方、人一倍負けず嫌いでもあります。
  • 大学生のとき、1年間アメリカ留学を経験。アジア、ヨーロッパ、中東などいろいろな国の友達ができました。
  • 小学生の頃から野球をしていましたが、社会人になって本格的にゴルフを始め、今ではすっかりゴルフに夢中です。
    現在働いている店舗ではコンペが行われるほどゴルフ好きが多く、先輩や同僚とよく一緒にプレーを楽しんでいます。
  1. Q.1
    大阪トヨタに入社を決めた理由は何ですか?

    世界の誰もが知っている会社で
    働きたかった

    デスクワークは自分に向いていないと感じており、まったく知らない人とでも会話を楽しめる性格であったため、営業スタッフを志望していました。クルマの営業に的を絞ったのは、就職活動の中盤あたりです。もともとクルマ好きで、自分がもっとも人に魅力を伝えられるのはクルマではないかと考えたからです。

    アメリカ留学をした際に、出会った人たちに日本の印象を尋ねると、「トヨタ」と答える人が圧倒的に多く、海外におけるトヨタブランドの浸透力を実感しました。クルマに関わる仕事をするなら、世界の誰もが知っている会社で働きたいと思い、トヨタの直営であり、西日本最大級のディーラーである大阪トヨタに入社を決めました。

  2. Q.2
    現在はどのような仕事をしていますか?

    クルマはもちろん、
    私自身も信頼していただけるように・・・

    主に新規のお客さまへの対応や担当するお客さまへのフォロー活動、及び買い替えのご提案を行っています。お客さまにクルマ自体を気に入っていただくのはもちろんですが、1人の営業スタッフとして私を気に入っていただけると、とてもやりがいを感じます。

    先日、遠方よりお越しいただいたお客さまと商談をしました。ご自宅の近くには同じ車種を扱う販売店があるにもかかわらず、「この店で君から買いたい」と言ってくださいました。このように、私に対するお客さまの信頼が目に見えて伝わってきたとき、「この仕事をしていて良かった」と心から思いますし、「もっとがんばりたい」「もっとお客さまの力になりたい」と心が奮い立ちます。

  3. Q.3
    入社前にイメージしていた仕事と
    違いはありましたか?

    仕事は自ら考え、
    動くことだと気づきました

    入社前は、与えられた業務をきっちりと正確にこなすことが仕事だと思っていました。しかし実際に働いてみると、自ら仕事を見つけ、自分の意志で行動することが大事なのだと気づきました。初めて会ったお客さまでも、その後クルマを通して一生のお付き合いになることもあります。自分がきっちり自覚を持って仕事をしないと、お客さまにご迷惑をおかけしてしまいます。

    この仕事を始めてから「お客さまを大事にするにはどうしたらいいだろう」と考える習慣がつきました。お客さまのことを考えると、次々に仕事が見つかり、自ら行動するようになります。今日1日で終わる仕事ではないので、1週間先、1カ月先のことを見据えた計画も立てなくてはなりません。学生時代とは比べものにならないくらい、毎日頭を使っています。

  4. Q.4
    上司・先輩・同僚はどんな人たちですか?

    仕事の能力や人間力を上げる
    指導をしてくれます

    上司は困ったときは助けてくれ、うまくいったときはしっかりと評価してくれます。仕事の能力だけでなく、人間力を向上させるさまざまなアドバイスを与えてくれるのですが、これまでいろいろな経験を積んできた上司の話はたいへん説得力があります。

    また新人のときに「ブラザー(新人教育担当)」として私を指導してくれた先輩は、営業力が非常に高く尊敬しています。この先輩に教えられたのは「暇な時間などない」ということ。どんなに多忙でも、夜遅くまで仕事はしないという先輩で、時間を上手に使い、無駄なく行動することの大切さを教えてもらいました。

  5. Q.5
    現在の課題・これからの目標は何ですか?

    社内外で名前を知られる
    存在になりたい

    負けず嫌いなので、何事もやるからには一番を目指しています。しかし、若手社員で一番になれることは限られています。そのため、たとえば声が大きいといったところでも一番になれるように、日々努力をしています。先日その努力が実って、店舗内で表彰を受けました。

    今後は店舗内だけでなく、社内でも徐々に一番になれるようレベルを上げていきたいと意欲を燃やしています。そしてお客さまにも社内にも、名前が知られる営業スタッフになりたいです。

  6. Q.6
    就職活動中の皆さんへの
    応援メッセージをお願いします。

    強い芯を持って臨んでください

    私は就職活動中、面接のマニュアル本を読んだり、大学のキャリアセンターに行ったりしませんでした。ただただ、「この会社に入りたい」という強い想いを持って大阪トヨタの選考に臨みました。なぜ大阪トヨタに入社したいのかという理由が明確だったため、面接で何を聞かれても、自然に答えることができました。

    決まった答えを返すよりも、自分の強い気持ちを自分の言葉で伝えた方が印象に残りやすく説得力もあります。皆さんも自信と強い芯を持って就職活動をしてください。応援しています。