H17年入社 サービス部 企画グループ:藤田 眞美

本部スタッフ 店舗スタッフからの
「ありがとう」がやりがい

H17年入社 サービス部 企画グループ
藤田 眞美

PROFILE
  • 学生時代はワンダーフォーゲル部に所属していました。社会人になった今も、富士登山や近場の六甲山などでトレッキングを楽しんでいます。
  • 休日は愛車でドライブ。好きな音楽を聴き、きれいな景色を見ながら、心身ともにリラックスする時間を作っています。
  1. Q.1
    現在の仕事内容は何ですか?

    サービス営業活動の課題分析と施策検討

    サービス部企画グループという部署は、各店舗の営業活動をサポートする部署です。

    店舗におけるサービス(整備業務)営業活動の向上に向けた施策を考えることが私の仕事です。

    具体的には、各店舗のサービス実績の進捗を確認し、課題を分析し、今後どのような施策を実施するべきかを検討します。

  2. Q.2
    現在の仕事で苦労していることは何ですか?

    企画した内容の手応えを感じにくい

    営業スタッフとして勤務していた頃は、お客様の反応が直に伝わってくるという手応えがありました。

    しかし、今は直接お客様の声をお聞きする機会がほとんどなく、企画した内容がお客様にご満足いただけているかどうかの手応えを感じにくく、不安に思うときがあります。

    しかし、営業から本部スタッフへと異動をしてきた際に、「営業で経験したことを本部で活かしてほしい」との言葉忘れずに、お客様にご満足いただく企画力をもっともっと向上し、手応えを感じていけるようこれからも努力をしていきたいと思っています。

  3. Q.3
    仕事のやりがい、おもしろさ、魅力は何ですか?

    店舗スタッフからの「ありがとう」がやりがい

    昨年、全店舗で開催するイベント企画に携わる機会がありました。来場・成約プレゼントの内容やイベントチラシの制作を担当し、店舗の協力もあって、目標通りの成果を上げることができました。

    施策の検討やイベント企画は、何度も何度も打ち合せを重ね、時には一からやり直しになることもあります。そうした道のりを経て、大きな成果を上げたときの達成感は言葉では言い尽くせません。それに加え、店舗で直接お客様と接するスタッフから「あのイベント施策良かったよ」「ありがとう」と言ってもらえた時は最高に嬉しく、とてもやりがいを感じます。

  4. Q.4
    就職活動中の皆さんへの
    応援メッセージをお願いします。

    周囲の手厚いサポートがここにはある

    私が大阪トヨタに入社したきっかけは、先輩スタッフの働く姿を見て、「クルマの営業活動ってステキだな」と感じた事です。お客様一人ひとりのライフスタイルやニーズに合った商品を提案していくなかで、クルマというモノだけではなく、人と人のお付き合いができる点が魅力だと思いました。

    また、入社して感じる大阪トヨタの良さは、一人ひとりの社員に対し面倒見が良いところでしょうか。周囲の手厚いサポートには私自身、どれほど助けられたかわかりません。就職活動はとても大変だと思いますが、自分らしさを忘れずに果敢にアタックしてください。皆さんの挑戦をお待ちしています。