H29年入社 サービスエンジニア:東山 寿

サービスエンジニア 責任感を持って、
作業は丁寧に

H29年入社 サービスエンジニア
東山 寿

PROFILE
  • 中学、高校時代は棒高跳びの選手として、日々の練習に打ち込み、全国大会にも出場することができました。
  • 趣味はバイクに乗ることで、休日はツーリングやサーキット場での走行を楽しんでいます。
  • モットーは「やると決めたことは自分が納得するまで全力で取り組む」。
  1. Q.1
    自動車整備士になろうと思ったきっかけは?

    生まれた時からクルマの英才教育

    私は幼い頃から父と一緒にクルマに関する情報誌やテレビを見る機会が多くありました。

    また、その頃からモーターショーにも連れて行ってもらい、気がつけばクルマのことが好きになっていました。今思えば、生まれた時からクルマの英才教育を受けていたかもしれませんね。

    将来、どのような仕事に就こうかと考えた時に、体を動かし、そして大好きなクルマに関われるということで自動車整備士になろうと考えました。

  2. Q.2
    入社前のイメージとのギャップはありますか?

    「時間」を大事にする意識

    「時間」を大事にする意識は想像以上です。お預りしたクルマは、約束した時間に作業を終えて、お客様にお返ししなければなりません。

    しかし、まだまだ整備技術が未熟で、時間に追われてしまい、先輩方にサポートしてもらっている状況ですので、どうしたら効率良く、そして正確に作業が進むかを日々考えて行動するようにしています。また、大阪トヨタでは、新入社員でもどんどん接客応対を行います。作業結果の説明や交換部品の提案を実施し、お客様にご納得いただいたときは、達成感を味わうことができます。

  3. Q.3
    現在はどのような仕事をしていますか?

    責任感を持って、作業は丁寧に

    主に車検を中心とした定期点検を担当しています。

    私たちは、お客様の大切なクルマを整備します。作業が完了し、お客様にお返ししてから、クルマに不具合が起きてはいけませんので、責任感を持って、丁寧な作業を心掛けています。

    現在の店舗には、エンジニアとして憧れる先輩も多く、一日も早く、私も先輩方に近づけるよう技術を磨いていきたいと思っています。

  4. Q.4
    印象に残っているエピソードは?

    まったく販売できなかった
    オイルの添加剤

    店舗に配属後、3ヶ月ほど経った頃に、エンジンオイルの添加剤をオススメするイベントがありました。

    「オススメすればいくつかは販売できるだろう」と安易に思っていましたが、まったく成果が出ませんでした。

    原因を探るために、私がお客様に提案する際、先輩が同席して私の説明を横で聞いてくれました。

    すると「その説明で東山は買おうと思う?添加剤を入れるメリットや効果の説明がまったくできていない」と先輩から指摘されました。

    私は、添加剤について一から勉強し、徹底的に調べ直しました。その後、お客様には自信を持って説明できるようになり、少しずつですが、添加剤を販売できるようにもなりました。

  5. Q.5
    現在の課題・これからの目標は?

    難易度の高い整備を任せられるエンジニアに

    整備学校時代に教わった先生が、実は大阪トヨタから出向で来ていたエンジニアの方で、在学中、私は「あの人のようになりたい」と思い、大阪トヨタへの入社を志望しました。入社すると、店舗にも尊敬する先輩方がたくさんいて、今の自分の目標になっています。

    先輩方は、今の私では原因の見当もつかないような不具合車両と向き合い、お客様に安心して乗っていただける状態でお返しします。

    例えば、「この辺りから少し異音がする」というご用命に対して、様々な機器を使いながら適切に診断し、不具合箇所を特定していきます。

    クルマを知り尽くしているからこそできる技術で、私も難易度の高い整備や故障診断を任せられるようなエンジニアになれるよう努力していきます。

  6. Q.6
    就職活動中の皆さんへの応援メッセージをお願いします。

    信念を貫き続ける

    会社選びのなかで「この項目は大事にしたい」「ここだけはゆずれない」という思いを必ず持ち続けてください。

    周囲の意見に流されることなく、自分の信念を貫き続けた人が、入社後もイキイキと楽しみながら仕事に取り組んでいると思います。私の場合は、会社が取り組む制度を重視していました。

    中でも大阪トヨタには、チャレンジ制度があり、その制度を活用して、いつかはトヨタの整備学校へ出向し、教員の経験をしたいと考えています。

    気合いと元気のある方、ぜひ一緒に大阪トヨタで頑張りましょう。お待ちしています!