H29年入社 サービスエンジニア:髙木 凌

サービスエンジニア 一日一日を大切に

H29年入社 サービスエンジニア
髙木 凌

PROFILE
  • 父の仕事が自動車関係だったこともあり、自然とクルマが好きになり、幼い頃からクルマのTVゲームやモータースポーツの観戦に夢中になっていました。
  • エンジニアになった今、趣味はもちろんクルマで、愛車をさわり、クルマ好きの友人とクルマについて熱く語り、時にはサーキット場での走行も楽しんでいます。
  1. Q.1
    自動車整備士になろうと思ったきっかけは?

    「世界のTOYOTA」の一員になりたい

    「クルマについて勉強したい」という強い想いから、自動車整備学校へ進学しました。たくさんの自動車整備学校がありますが、「世界のTOYOTA」であることと就職率が高いということで、トヨタの自動車大学校を選びました。

    また、頭で考えるよりも手を動かすほうが得意だと感じていたことも整備士を目指すきっかけの一つです。

    クルマは無数の部品が使われていますが、愛車をさわり始めると時間を忘れてしまうことがよくあります。

  2. Q.2
    なぜ大阪トヨタを選ばれましたか?

    充実した制度に惹かれて

    就職活動中には、たくさんのトヨタの販売会社を訪問しました。

    その中で、エンジニアとしてスキルアップできる教育制度が整い、給与や休暇制度、その他福利厚生に関しても充実しているところはどこかと考えた時に、一番惹かれた会社が大阪トヨタでした。

    一番魅力的に感じたところは、チャレンジ制度です。

    キャリアアップにつながる仕事に自らの意思で就くことができる制度で、トヨタ自動車へ出向するチャンスもあると聞き、私も将来挑戦してみたいと思いました。

  3. Q.3
    現在はどのような仕事をしていますか?

    分かりやすく説明する努力

    主に、車検整備や定期点検を担当しています。限られた時間の中で作業をするためには、時間の使い方がポイントで、作業の手順や効率を日々改善しながら取り組んでいます。

    また、ショールームでお待ちいただいているお客様に作業結果の説明を行うこともエンジニアの重要な仕事の一つですが、実際に作業結果の説明をしてみると、適切な言葉で伝えることの難しさを痛感します。出来る限り、分かりやすく説明するよう努力しています。

  4. Q.4
    大阪トヨタのいいところは?

    実戦を想定した研修が充実

    トレーニングセンターで行われる実戦を想定した研修が充実しています。

    店舗に配属された後も研修が定期的に実施され、整備技術や接客応対を高める研修に参加し、そこで学んだことをすぐに店舗で活かせることができます。

    また、大阪トヨタでは、クラウンを始め最先端技術を搭載したクルマが整備出来るので、クルマ好きにはたまらないですね。しかし、その分高度な知識と技術が求められるので、もっともっとスキルアップしていかなければなりません。

  5. Q.5
    現在の課題・これからの目標は?

    先輩の教えを着実に自分のものにする

    確実な作業を行うことをもちろん意識していますが、決められた時間内に作業が終わらないことが多く、今は時間も意識して整備するよう心がけています。先輩方に相談すると、もっとスムーズにできる作業方法を教えていただくことも多く、頼ることも大切だと実感しています。そして、その教えを着実に自分のものにできるよう意識しています。

  6. Q.6
    就職活動中の皆さんへの応援メッセージをお願いします。

    一日一日を大切に

    社会人になると、学生時代に比べて、自由に過ごせる時間が少なくなります。

    勉強はもちろん、旅行に行ったり、楽しい思い出を作ったりと、ぜひ一日一日を大切に過ごして下さい。

    また、入社すると想像以上に覚えることがたくさんありますが、知識が豊富で作業スピードも速い先輩方は憧れの存在になります。上を目指して一緒に頑張る仲間をお待ちしています!